読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙に向かって小石を投げつづけてる

ネットニュース/ブックレビュー/気がついたことまとめ

ブログ更新し続けるのが困難

興味が冷めるスピードを超えて書けるか。

 

これは、記事書く時に特に自分が気をつけないといけないことです。

 

イメージ、マッハ、音速。そのぐらい。

 

 

独学でやらない方がうまくいく

誰かに教えてもらうこと、誰かにお願いすることがうまくいくコツだった。

 

エゴが強すぎる自分は、なんでも自分でやりたがる。

 

自分でやってうまくいくものなら、いいが、自分の上達を世間は待ってはくれない。そうなるも評価は下がる一方。

上手にデザインするときに心がけると良いこと。

僕はいつもそれを形にする前に、言葉にする。

言葉にすると、途端にすべきことが見えてくる。

そのものだけのデザインができあがる。

デザインすることは、難しいことだと思うんです。

紙とペンがあったらできることではない。

紙とペンがあればできるレベルのものを目にすることはない。

そうやって考え抜くとき、初めて良いものができあがる。

素人デザイナーは、なんとなく出来上がったデザインなんて、

ないと自覚すべきだ。

可能性のないことは、可能性のあること。

自分はなんでもできると思ってたら、何にもできずに終わった。

はじめから、やっても無駄なことがわかっていたら、やれることに集中できた。

人生は有限。

可能性があればあるほど、中途半端になる。

1つだけに目標をしぼれば、無限の力が出てくる。

技能を身につけること、スーマリに学ぶ。

技術を習得するときは、なるべく実習からやってみる。

使い方や書き方を覚えても、実際にやってみるとできないから。

ただ実技だけしてるとすぐ飽きる。

むかし、スーパーマリオにハマった小学生の僕は、クッパが出て来る面がぜんぜんクリアできなかった。

そんなあるとき攻略本に出会った。

ようやくクリアできた。

うれしかった。

さらにそこには自分の知らない面が、さらにたくさん載ってた。

もっとやる気になった。

オレはもっとAボタン、B-DASHの使い方に磨きを入れなきゃダメなんだと悟った。

そして、早くスゲー面をやりたくて仕方がなかった。

自分がやったことのない面は、それだけでキラキラしてて、いつまでも見飽きなかった。

実技書っていうのは、自分にとってスーマリのプレイなのかもしれない。

1つずつクリアしていく。1面、2面をクリアしていく楽しさ。

でもそれだけじゃうまくならなかった。

攻略本があって新たな楽しさを知ったし、うまくなった。

技能を身につけるやり方ってそういうものなんじゃないかと思う今日この頃です。

モテは外見じゃない

女は30代、男は40代で諦める。

それまではどんどん綺麗になるし、どんどんかっこよくなるもんだと思う。でもこの歳になったら、男にとって服は、威厳や生き様を表すツールに変わる。女への接し方や生来の外見でモテるタイプは限定される。

だから落としたいタイプを落とせる人はテクニックや、スキルの高さにある。